2018/07/15 20:33

馬木の畑 その14

陽がいよいよ昇る。諸事情あって、早朝のオリーブ畑の見回り、ゾウムシハンティングは5日ぶり。おそらく、そこそこ捕れるだろうと覚悟して樹から樹へ。見回り終わってみれば、8匹のゾウムシ。「そこそこ」は4...

2018/07/08 15:00

馬木の畑 その13

オリーブ畑の片隅に椎茸の原木を置いてみた。この場所は、背後の雑木林の木々が日光を遮っていて、ほぼ一日中陽が当たらない。オリーブの樹は、日射不足と雑木の圧力を受けるからなのか、大きくなれない。でも、...

2018/07/02 19:20

馬木の畑 その12

オリーブの実がどんどん大きくなっている。そして品種ごとそれぞれの顔が出始める。梅雨の雨がほどよく降っているので、実の成長に必要な水分は土の中に留まっているはず。これから迎える夏を前に、ちょっと一安...

2018/06/24 23:00

「 オリーブペースト 」

南フランスでは ” タプナード ”と呼ばれ、親しまれている「オリーブペースト」。ブラックオリーブやグリーンオリーブにアンチョビ、ニンニク、ハーブ、ナッツなどいれて、ペースト状にしたもの。パンにのせたり...

2018/06/17 08:21

馬木の畑 その11

オリーブの花が散る。そこに、桜の花によせるような感傷的な気持ちは無く、あるのは、期待と不安。オリーブの実。ミッション、ルッカ、マンザニロ、コロネイキ・・・・品種ごとに実の形には特徴があるのだけれど...

2018/06/10 17:32

豊島と小豆島 (食 編)

小豆島の土庄港から船に乗り、豊島の最寄の港まで約20分。港から集落を超え、ちょっとした山を抜け、さらに無舗装の林道を走る。辿り着いた先は青い空と瀬戸内の海。民家ひとつない、あるのは海と空だけ。そん...

2018/06/03 21:24

豊島と小豆島

豊島のうか食堂さん。やわらかな光の空間でランチをいただく。五穀、地の野菜を食材にした料理は一つ一つがとてもやさしい。本当に和む。食後のデザートはバナナとカカオのアイスクリーム。「美味しくなるから」...

2018/05/27 21:26

馬木の畑 その10

ようやくオリーブ開花。咲き始めたのは、ミッション、ネバディロ・ブランコ、マンザニロ、ハーディス・マンモス。ルッカ、コロネイキ、チプレッシーノはまだ蕾の状態。同品種の花粉では受粉しにくいオリーブ。で...

2018/05/24 00:10

オリーブと鶏肉の炊き込みごはん。

塩、胡椒、ハーブ、にんにく、ビネガー、オリーブオイルに一晩漬け込んだ鶏肉と自家製オリーブの塩漬けの炊き込みごはん。オリーブの旨味が溶け込んだ(塩漬けの)塩水を捨てるのはもったいないので、この塩水も...

2018/05/15 22:49

馬木の畑 その9

イノシシ・・・だ・・・。オリーブの樹の周りはゾウムシの隠れ家にならないよう、雑草を取り除くのが畑作業の日課の一つ。でも、ここは草とりしてなかったはず。もう、出たか。。。3月、馬木地区の方々と一緒に...

2018/05/07 22:49

馬木の畑 その8

日の出が近づく。オリーブの樹も、もうすぐ朝日に照らされる。ゾウムシハンティングで畑を一通り巡り終わると、下向きの目線は上に向けられる。肌寒く感じる弱い光の中、ハマキガの幼虫を探し歩く。陽はどんどん...

2018/05/01 22:07

新緑に願う

今、小豆島は島全体が新緑に包まれ、様々な種類の緑が誇らしげに輝いている。大きな空と海のキャンバスに緑のグラデーションが美しい。オリーブの樹々にも新芽が続々と顔をだす。小さな若葉は柔らかく、まだまだ...

2018/04/24 20:58

馬木の畑 その7

AM 4:30 晴れ 気温14℃ 湿度84%オリーブアナアキゾウムシの探索開始。成虫は夜行性なので日が昇る前に暗闇の畑に入る。樹の株元あたりにでていることが多いようで、腰をかがめて集中。ヘッドライト...

2018/04/15 19:57

馬木の畑 その6

芝生は心地よい。長靴の底から、おしりから、ふわっとやわらかい感触が伝わってくる。歩いていても、座っていても、体の節々にまで優しく。だから心地よいのだ。そんな芝を思い切って刈ってみた。芝で覆われた地...

2018/04/07 09:52

馬木の畑 その5

朝、布団から出てストーブに火を入れなくてもよくなった。 早咲き、遅咲き、桜は次々と満開になっていく。春が来た。暖かくなった。となれば、動きだす。今年初、オリーブアナアキゾウムシの幼虫。体長はほぼ1c...