2018/11/20 23:12

馬木の畑 その25

小豆島の山並みにも色づいた樹々が多くなってきた。日を追うごとに、朝晩の気温も下がっている。夜行性であるゾウムシの動きも鈍くなっただろうと都合よく解釈。畑の見回りは夜明け前ではなく陽が昇り明るくなっ...

2018/11/11 17:30

無農薬のオリーブオイル

今年、2018年産エキストラバージンオリーブオイルの販売準備進行中。搾油・濾過・瓶詰めの工程まで無事終了。残すところラベル貼りやサイトの変更などなど。1年間の畑仕事の成果、貴重な国産の無農薬オリーブオイ...

2018/10/29 21:32

収穫終了!

ルッカを採りきって、今年も収穫が終わる。残念ながら、今年は台風や豪雨などの影響もあり、昨年に比べ収穫量は少ない。それに加え、虫たちもオリーブの実を放してはくれない。一つ一つ見極め、丁寧に実を採りな...

2018/10/21 22:58

収穫日和

秋晴れ!収穫にはもってこいの青空。いよいよオイル用の実を獲っていく。辛みが特徴のミッションは緑果中心で。香りのいいネバジロブランコはほどよい熟度。小粒だがオイルの品質が高いといわれるコロネイキ。こ...

2018/10/14 23:22

馬木の畑 その24

朝晩、冷え込んできた。夜明け前の畑、14℃、15℃、寒い。オリーブの実の色付きも進む。収穫のタイミングを計りながら見回り。渋を抜かないとそのままでは食べにくいオリーブの実。そんな実をカメムシや葉巻蛾の幼...

2018/10/07 16:49

馬木の畑 その23

晴れ。やや強い風が吹く。オリーブのしなやかな枝が一斉に揺れる。太陽は流れる雲に時々隠れるが、日差しは強い。雨と台風続きで滅入っていたけれど、この青空は本当にうれしい。オイル用の実の収穫前にやっと草...

2018/09/30 11:47

収穫

2018年、オリーブ収穫開始。まずはマンザニロ。主に、塩漬けにして食べるテーブル用のオリーブ。通常は、傷のないきれいな緑果を一粒一粒選びながら収穫する。けれど、収穫適期に雨天と迫る台風。合間の貴重な晴...

2018/09/23 16:53

馬木の畑 その22

秋雨。オリーブの実の収穫を控え、歓迎したくはない。心配なのが炭疽病。実が茶色く変色し、樹全体に広がっていく。湿気が多く、程よく高い気温になると発生し始める。まさにこの時期。炭疽病にかかった実が混在...

2018/09/16 09:54

秋のサラダ

エキストラヴァージンオリーブオイルの豊かな果実の香りと味わい。苺、バナナ、桃、リンゴなど、様々なフルーツと相性がいい。今回は秋のフルーツ、梨を使ったドレッシング。すりおろした梨にすだちを絞り、塩と...

2018/09/09 16:59

馬木の畑 その21

日差しを浴びての作業はまだまだ暑いけど、オリーブ畑から見上げた空には、少し秋の兆しを感じる。太陽の光を受けた緑色のオリーブの実。2か月後、エキストラバージンオリーブオイルとなる。オリーブの樹にはカ...

2018/09/02 16:13

馬木の畑 その20

畑の堆肥にしようと落ち葉を集めてから半年。春頃には表面から熱が発生。落ち葉を掘り返すと、ふわっと湯気があがった。微生物が活動している証拠。自然の力に関心。このまま分解・発酵がすすめば堆肥となる運び...

2018/08/26 23:20

馬木の畑 その19

台風20号が通り過ぎた翌朝。不安を抱えながら、軽トラで畑へ向かう。倒木という最悪な状況を覚悟しつつ、倒木のない畑を望んでいる。台風後はいつも、持って行き場のない気持ちがなんとも落ち着かない。畑に着い...

2018/08/19 21:39

馬木の畑 その18

オリーブアナアキゾウムシの幼虫。体長12mmほど。けっこう大きい。この樹で成虫1匹を捕獲していたので、幼虫がいないか注意していたのだけれど。だいぶ発見が遅れてしまい幼虫はこの大きさ。成虫のメスは3日...

2018/08/12 14:58

馬木の畑 その17

オリーブの樹にとって致命的な影響をおよぼす、オリーブアナアキゾウムシ。8月に入ってから、オリーブアナアキゾウムシの捕獲数が少なくなっている。見逃してしまっていると思うと不安になるので、今が個体数の...

2018/08/05 12:21

馬木の畑 その16

鈴なりにつくオリーブの実。重みで枝がだいぶ垂れ下がってきた。品種はマンザニロ。畑の中で一番早く収穫する予定の実である。先日の台風で、実落ちや枝が折れるといった被害はなかったが、まだいくつの台風が来...